誰でも出来る!私が体験した『嫁の理不尽な怒り』と回避する方法

スポンサーリンク
  • 最近夫婦ケンカが増えた。
  • 結婚・出産の後から嫁が変わった。
  • 嫁から謎に怒られる事が増えた。

この記事を読んでいるあなたもこんな経験があるのではないでしょうか?

 

こんにちは!子供が産まれてから毎日嫁に怒られ続けているユウキ(@nyuki_1106)です!

ウチには1歳の子供がいて嫁と一緒に初めての育児に奮闘しております。

夫婦ともども30代に突入し、私はサラリーマン、嫁は専業主婦をしている家庭です。

女性は「結婚・出産で変わる」とよく言われますが、当時は本当にそんな事あるのかな?ぐらいにしか思っていませんでした。

元々付き合っている時はとても穏やかでケンカもした事が無かったですし、怒られた記憶もありません。

ユウキ
まさか1年も経たない内にそれが現実になるとは夢にも思いませんでした…。

 

この記事では新婚さんや新米パパさんならあるあるネタだと思われる「嫁の理不尽な怒り」について、私が体験した「嫁の理不尽な怒り」と私なりの回避法や対処法についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

嫁の理不尽な怒り

ウチの嫁は専業主婦なので必然的に家事や育児をする比率は嫁の方が高くなっています。

私も最近は仕事が忙しいのですが「大切な家族の為」に何かしたいと思い、協力して家事や育児もしたいと思っています。

 

最近のウチのルールは夕方、

  • その日の仕事の具合
  • 何時頃に帰れそうか
  • ご飯やお風呂はどうするか

などを嫁にメールします。

ユウキ
嫁も私の時間を考えながら晩ご飯、お風呂や寝る時間を決めるためです。

 

メールでは「気をつけて帰っておいでね」と優しい嫁。

帰った時、ほんとうに優しい時もあるのですが、メールの文面と機嫌が一致しないのが女性ですよね…。

 

帰宅した私に対して

  • 遅い
  • 臭い
  • うるさい

など、容赦なくあびせられる罵声と理不尽な怒り。

ユウキ
子供がぐずって疲れてるのかな?

寝不足なのかな?

とか、帰ってから私も色々考えるんですよ。

 

特に子供がすでに寝ている時は細心の注意を払います。

子供が起きない様にこそっと家に入り、食事を済ませ、お風呂に入る。

その後の洗い物、お風呂掃除、洗濯も極力物音をたてない様にします。

ユウキ
この1年で私の忍びのスキルは大幅に上がったと思います!笑

 

それでも事あるごとに嫁からの理不尽な怒りは降り掛かります。

夜だけでは無く、起きたときもそうですよね。

朝起きた瞬間に聞こえる

 

ちっ…!

 

という舌打ち…。

 

仕事に出かける支度中にいつもは言わない

あれとこれをやって

という指令…。

 

指令をこなしたらこないしたで嫁の合格点には届かず

つかえねぇ

の一言…。

 

ユウキ
シュンとした気持ちで出社をする日もあります。

先輩既婚者の方々から聞いていた事がまさか自分にも起こる日がくるとは思っていませんでした。

スポンサーリンク

決して嫁を怒らせたい訳ではない

私自身も決して嫁を怒らせたい訳ではありません。

むしろいつもニコニコ笑っていて欲しいと思っています。

もちろん子供が可愛いのもありますが、嫁の負担を少しでも軽くしたいと思って私も色々と一緒に家事や子育てをしようと思っています。

ユウキ
機嫌がいい時は本当に穏やかな時間が流れているんですよ。

 

元々の嫁は穏やかな性格でそこまで波風を立てる人ではありませんでした。

ただ、私もたまに子供と2人で留守番をしたりする事がありますが、子育てって正直ストレスが溜まる事もあります。

全ての行動が子供中心になり自分が思った通りにならないのが子育て。

 

仕事には休みがありますが、子育ては24時間365日休みがありません。

子供は可愛いのですがたまには息抜きをしたいと思う時があるのも正直な気持ち。

ずっと子供と一緒にいるママだったらその気持ちは尚更ですよね。

 

そして、怒りを向ける先が必然的に私になるのもわかる部分もあります。

なので、理不尽な怒りがくる事について嫁の気持ちも分からなくはありません。

ただ、私も良かれと思ってやっている事で怒られるとどうしていいのか分からなくなる時もあります。

スポンサーリンク

嫁の理不尽な怒りを回避するには?

そんな嫁の理不尽な怒りですが、ここでは私なりに実践している嫁の理不尽な怒りを回避する方法や対処法についてお話させて頂きたいと思います。

分析:どこで怒りのスイッチが入るか見極める!

何度も嫁の理不尽な怒りを受けているとどういう時に怒られるのか、どこで怒りのスイッチが入るのか少しずつ分かる様になってきます。

ユウキ
突然、何の前触れも無く降り掛かる交通事故みたいなモノもありますが…。

 

怒られ続けるのは正直辛いですが、そこは気持ちをぐっとこらえて「どこで嫁の怒りのスイッチが入るのか」見極めましょう。

そういう時の結果はだいたい「怒られる」か「怒られる」のどちらかです。笑

自分の中で予防線がはれるので心の準備をする時間が出来ます。

この少しの気持ちの余裕が大事です!

ユウキ
体感的に100%のダメージをくらう所を6~70%ぐらいまで抑える事が出来ます!

 

改善:一度怒らせた事は繰り返さない!

一度怒られた事は繰り返さない。

ユウキ
これは本当に大事です。

 

同じ事を何度も繰り返すとそれだけで嫁の怒りのボルテージは青天井で急上昇していきます。

一度怒らせているという事はその行為で嫁の怒りスイッチが入るという事です。

自分の心に深く刻み込む様にしましょう。

嫁に対してもですが、自分自身に対しても余計なダメージを負わずに済みます。

 

この「分析」と「改善」はとても重要な行為だと思っています。

先程もお話させて頂きましたが、嫁の理不尽な怒りの場合、結果は「怒られる」か「怒られる」のどちらかです。

しかし、分析と改善を行う事によって、怒られる頻度をガクッと下げる事が可能になります。

嫁の理不尽な怒りにどうしようもなく困っている方はまず「分析」と「改善」の2つから試して見て下さい。

 

確認:何をされたら嫁が喜ぶか確認する!

この「確認」については分析と改善とは系統が異なります。

分析と改善はマイナスをゼロへ持って行く行為ですが、「確認」についてはプラスの領域へ持って行く事が出来ます。

この「確認」は特別難しい事でもありませんし、やる事は何でもいいと思います。

 

例えば

嫁が大変そうにしていたら

  • 洗い物
  • 洗濯
  • 子供の世話

などを変わる。

嫁に『少し休んでもらう時間』を作ってあげたりするだけでもいいと思います。

 

大切なのは『嫁の負担を少しでも減らす』事です。

気遣いや感謝の気持ちを「行動」で示すだけです。

特別な事をする必要はありません。

 

こんな記事を書いている私ですが、嫁に対しては本当に感謝をしています。

私の嫁はそんなに身体が丈夫な方では無いのですが、

  • 子供のため
  • 私のため
  • 家族のため

一生懸命に自分の仕事や自分がやるべき事をしてくれています。

ユウキ
性格も真面目なので少し無理をしてしまう所もあります。

 

そこまでしなくていいから

「サボれる所はサボって、休める時には休んで」

と思わず声をかけてしまうぐらいです。

そんな嫁に対しての感謝の気持ちや気遣いを素直に行動にあらわせば、おのずと何をしたら嫁が喜んでくれるか見えてくるはずです。

 

実践:嫁の機嫌がいい時に一度試す!

嫁の変わりに家事や育児をしようと思ってやろうとするものの、実際に自分でやる時ってどうすればいいか分からない時があります。

私が分からなかったのは子供の「ご飯の作り方」や「一人でお風呂に入れる方法」などです。

 

いざ嫁の変わりに自分でやろうと思っても出来なかったら、それが嫁の怒りスイッチを入れる事にもなりかねません。

また、変なやり方(嫁と違うやり方)をしてしまうとそれでまた怒られてしまい、結果として逆効果になってしまう可能性があります。

 

そんな事態を未然に防ぐ為にも嫁の機嫌がいい時に、嫁に教えてもらいながら一度自分で試してみましょう。

見ているだけ、聞いただけと実際に自分で一度試しているのでは結果が全然違ってきます。

一度自分でも試していると、いくらかスムーズに出来るのと少し気持ちに余裕を持つ事が出来ます。

そして、試した時に嫁に一度チェックしてもらえば、嫁の合格点がどのレベルで出るのかも分かるので安心して嫁の変わりをする事が出来ます。

 

忍耐:どうしようも無いときはただひたすら耐える!

こうやって私たちもあれこれ考えていても本当にどうしようも無い時はあります。

ユウキ
そんな時はただひたすら耐えて下さい。

 

最終的に残された道はこれしかありません。

 

理不尽な怒りをぶつけられている事、矛盾、じゃあ私はどうすればいいのかと言う葛藤。

その時は全て「飲み込み」「受け入れ」ただひたすらに「耐えるのみ」です。

嫁に怒りを発散してもらい収まるのを待ちましょう。

 

少しでも機嫌が良くなってもらおうと、取りつくろったり謝っても無駄です。

何をしても全て火に油を注ぐ行為になってしまいます。

ユウキ
このひたすら耐えている時間はとても辛いです

 

自分の中でも何でこんなに怒られているのか分からないという気持ちがあるので、言い返したい気持ちもたくさんあります。

しかし、そこはあなたの寛大な心で受け止めてあげて下さい。

そして、割り切って下さい。

どうしようも無いときは何をしても「意味が無い」と自分の中で割り切る事が出来れば少しは気持ちが楽になりますよ。

 

それでも理不尽な怒りは続く…

少しでも嫁の理不尽な怒りを回避しようとあれこれ考え、実践するものの「嫁の理不尽な怒り」が終わる事はしばらく無いでしょう。

ただ、今回お話させて頂いた嫁の理不尽な怒りを回避する方法や対処法を実践すると、あなた自身の気持ちがだいぶ楽になると思います。

もちろん私も怒られるのは好きではありませんし、言い合いをするよりも穏やかで楽しく過ごしたいと思います。

ただ、今はまだ子供も小さく、時期的にもこの状態は仕方が無いのかなとも思っています。

 

だからこそ自分自身の気持ちに余裕を持たせる必要があると思います。

そして何より「嫁のため」「大切な家族のため」と思うと乗り越える事が出来ます。

なので私に出来る事は

  • そんな嫁も含めて受け入れること
  • 理不尽な怒りに遭遇する頻度を下げる努力をすること

だと思います。

 

それが結果的には「嫁のため」「家族のため」そして「自分のため」になると思っています。

まとめ

今回は新婚さんや新米パパさんにとってのあるあるネタだと思われる「嫁の理不尽な怒り」について、私自身も実践している私なりの「回避する方法」や「対処法」をお話させて頂きました。

私の周りの既婚者の方はほぼ皆さん嫁の方が強く、同じような経験をされています。

 

だからこそ余計に私自身これは「誰もが通る道」だと思い、

  • 嫁の理不尽な怒りをどう回避するのか
  • またどうやったら対処出来るのか

日々考えています。

 

私の方法が全てではありませんが、同じような状況にあったり悩んでいる方は参考にして頂ければ幸いです。

 

応援・フォロー頂けると励みになります!

 

気軽にフォローお願いします!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。

スポンサーリンク

コメントを残す