30代からは特に意識が必要!「相手の事を考えて仕事が出来ていますか?」

スポンサーリンク

こんにちは!ユウキです!

先日、私もとうとう30代に突入し、お客様への年末挨拶とカレンダー配りをしている中で年齢を重ねるごとに1年がどんどん短く感じる様になったなと思っておりました。

私は大学卒業後はずっと営業職をしていますが、転職経験もあり様々な業界で仕事をしてきました。現在は通信関係の会社で働いているサラリーマンです。そして25歳ぐらいからいくつかの副業をしていて、個人で事業を行っていた事もありました。その中で社内外問わずたくさんの方に出会い、様々な価値観や仕事の仕方にふれてきました。

今年は年の瀬のバタバタしている中でもいくつか案件を受注する事ができ、私自身も30代になった事もあり、今までの仕事の仕方やこれからの仕事の仕方、そして、仕事の基本や姿勢について考える事があったので、お話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

がむしゃらに仕事をしていた20代

私が新卒で入社した会社は地元では老舗ですが、社員数も少ない中小企業でした。その会社は美容商材を扱う代理店で私は営業職として働いていました。当時も労働環境の改善についてはテレビでも取り上げられたりしていましたが、現在の働き方改革やライフワークバランス、テレワークなんて言葉は私は聞いた事がなく、中小企業特有の低賃金・長時間労働、いくら頑張っても評価されないという超絶が付く程のブラック企業でした。美容業界って華やかに見えますが大手企業や経営者とかでないと本当の意味で華やかな仕事や生活は出来ません。

とは言え、入社してしまったからには働くしかないので新入社員なりに仕事の仕方や営業のやり方を学びました。(社内では教育の概念が無かったので、私は自分で勉強するしかありませんでした。)しかし、あまりにも環境がハード過ぎて身体を壊してしまい、そこから人材やIT業界を経て現在の会社に至ります。

私は業界は変わりましたが営業職かつ法人営業という部分は変わっていないので、まだ今までの経験やスキルを活かす事が出来ましたので、自分自身のベースやスタイルを作る為に20代はがむしゃらに仕事をしていました。

私は営業職なので

  • どうやったらお客様に気に入ってもらえるだろうか
  • どうやったら売上が立つだろうか
  • どうやったら自分の目標成績を達成出来るだろうか

など、これは営業の基本中の基本なので今でも変わりませんが、20代の時は特に試行錯誤していました。

個人で事業を行っていた時は会社のネームバリューや繋がりは使えませんので、当然の事ながら自分の力だけで勝負するしかありませんでした。私もまだまだ得意では無いのですが、マーケティングからリスト集め、アフターフォローまで全て行う必要があります。そしてもちろんの事ながら収入は完全出来高制です。やったらやった分だけ収入は増えますが、売上がゼロであれば収入もゼロです。

今思うと最初の会社での経験が今の私を作ってきたのかもしれません。給料や休みが少ないなら会社に依存せず、お金も時間も自由に使える様になりたい。大手企業に会社の力で対抗する事は出来ないので自分の力や魅力をつけるしかなかった。そんな気持ちでがむしゃらに仕事をしていたのが私の20代だったと思います。

スポンサーリンク

30代から仕事で特に意識する必要がある事

30代から(早い人では20代からでも)また仕事の仕方やミッションが変わってきます。ずっとプレーヤーとしてバリバリ仕事をする人もいれば、役職もつきマネージメントをする人もいます。共通して言える事は会社では間の世代になる事です。まだまだ自分より年齢も役職の上の方もいますが、部下や後輩も出来てきます。今までは自分の事だけ考えて突っ走っても良かった所がありますが、30代からはなかなかそう言う訳にもいきません。ここでは私が感じている30代からの仕事で社内外問わず大事だと思う事についてお話させて頂きたいと思います。

 気遣いは出来ているか

気遣いは仕事の基本でもありますが、人としても基本中の基本の事だと思います。普段の生活でもそうですが、仕事をする中で相手の少しでも相手の期待値を超えるとそれだけで相手には印象に残り、好印象を与えます。直接話す時でもメールの文面ででも一言相手を気遣う言葉を添えるだけでも結果は全然違います。そして、気遣いが出来る人と言うのは相手の事を考えている人なので、相手が何を求めているのかを感覚的にもわかります。相手を思って行動する事は30代からは特に大事だと思います。

 気配りは出来ているか

気配りは気遣いと良く似ていますが、違いとしては気配りは気遣いより広い範囲での心遣いを意味します。「相手への気遣い」「周囲への気配り」など。もちろん目の前の相手を思う事が大事ですが、30代からはこれまでよりも周囲へ意識を広げる事も大事だと思うので、マネージメントをしている方やこれからマネージメントをしたいと思っている方は特に意識する必要があると思います。

 思いやりは持てているか

気遣い・気配りとも通じる所がありますが、相手に対して思いやりを持って行動出来ているかも大事な事だと思います。仕事は規模が大きくなればなる程一人では出来ません。社内の事をイメージした方が分かりやすいかもしれませんが、規模が大きくなるにつれて一緒に仕事をするメンバーの事を思い、自分にとっても相手にとってもスムーズに仕事が進む様に調整したり、手間を省く工夫をしたりする事が大事です。そして、それは相手への気遣い・気配り、つまり思いやりがあってこそだと思います。

また、部下や後輩も増えてくるのでそのメンバーに対しても仕事がしやすく、そして、仕事が出来る様にしてあげる為にも思いやりは大事な事だと思います。

スポンサーリンク

相手の事を考えて仕事をしていますか?

30代からの仕事の仕方で今回私が一番言いたい事は「相手の事を考えて仕事をしているか?」と言う事です。お客様に対しても社内の方に対してもそうです。

商品やサービスを紹介して買ってくれと言ってもまず売れません。相手が求めていないと売れる事はありませんし、欲しいと感じているモノだったとしても一方的な押し売りでは相手は引いてしまい断られます。仮に同じ商品やサービスを別の”相手の事を考えて仕事をしている人”が紹介してきたとしたら、その方から購入する事になるでしょう。

社内でも相手の事を考えて仕事をする事が大事だと思います。先程の気遣い・気配り・思いやりでもお話させて頂きましたが、仕事をスムーズに進める為には誰かの協力は必要不可欠なモノであり、協力を得る為には自分勝手ではいけません。また、自分のスキルや魅力をあげる為には自分より上の方の目線で考える必要があります。例えば仕事で大事な報連相もマネージメントする立場からすれば全体の状況と個人の状況を把握し、的確な指示や処理をする為に必要な事です。毎回自分から確認しなければいけない人と随時情報を上げてくれる人であれば、間違いなく後者の方がスムーズに仕事が進みます。上司からすれば確認する手間と確認しなければという事を考えなくて済み、その間に自分の仕事を進める事が出来ます。

20代の時は自分自身の事だけに目を向けてとにかく頑張れば良かった所もありますが、30代からはもっと周りに目を向けて仕事をする事が大事だと思います。

まとめ

今回は私自身も30代に突入し、今までの仕事の仕方やこれからの仕事の仕方、そして意識する必要があると思う事についてお話させて頂きました。

私自身まだまだ偉そうな事を言える立場では無いですが、「相手の事を考えて仕事が出来ているか?」を意識するだけで結果が大きく変わった事も経験してきました。会社での仕事も個人で行っていた事業の時もそうでした。仕事と言ってもたくさんの仕事があるので、私の仕事とあなたの仕事が違う場合もありますが、基本の部分は変わらないと思っています。

そして、今回は仕事の仕方についてお話させて頂きましたが、相手の事を考える事、気遣い・気配り・思いやりは普段の生活の中でも大事な事なので、仕事でもプライベートでも目の前の相手との関係に悩んでいたりする方がいれば参考にしてもらえると幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。

スポンサーリンク

コメントを残す