【初心者ブロガー】誰でも出来る!簡単にブログを書くコツと方法

スポンサーリンク

こんにちは!ユウキです!

『1ヶ月ブログ更新チャレンジ』を始めてから毎日1記事ずつですが、ブログ更新を続けています。何の気無しにとにかく記事を書いてみようと思い、今までブログが続かなかった私ですが、ちょっと頑張ったら出来るかなぐらいの目標と少しの遊び要素を入れて、この『1ヶ月ブログ更新チャレンジ』を行っています。

私もこれまで何度かブログに挑戦してはことごとく砕け散ってきましたが、今回は奇跡的といっても良い程に記事が書けて、ブログが楽しくなってきています。

>>【初心者ブロガー】慣れるまでは楽しみを見つけて書くとブログの更新が続く!?

今回は私も含めてまだブログに慣れていない初心者ブロガーの方やなかなか記事が書けないという方でも記事が書きやすくなる方法についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

ブログ記事ってどうやって書いたらいいの?

ブログ記事って慣れてないうちや書いた事が無いとどう書いたら良いかわかりませんよね。何となく書きたい事のイメージはあるんだけど、実際どう文章にして表現したらいいのか分からなかったり、そもそも何から書いたらいいのかわからない。私も初めはそうでしたし、まだまだ勉強中の初心者ブロガーです。

そんな時に参考にさせて頂いているのがクロネさんのブログ講座です。

kurone43.com

この記事では驚く程簡単にブログ記事が書ける説明をしてくれていて、私もクロネさんのブログを参考にしながらブログ記事を書いています。

ただ、これだとこの記事がここで終わってしまいますので、ここからは私が+αで行っている事、限られた時間の中でブログを毎日更新する為にやっている事をお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

まずは記事の大枠を組み立てる

私は記事を書く時にまずは書きたいと思っている記事の大枠を考えます。ここでいう大枠は

  • 取り上げるテーマ
  • どういう人に対して
  • どんな事を
  • どんな順序で
  • 何を伝えたいか

などです。

私の中ではこの大枠が出来ればその記事の半分は出来たと思っていて、あとはイメージした大枠の中に骨組みをして肉付けをしていけば記事が完成します。記事を書く時に詰まる部分は人それぞれだと思います。記事の大枠や骨組みは出来るけど肉付けが出来ない人、逆に肉付けは出来るけど大枠や骨組みが出来ない人。私の場合はどちらかというと後者にあたり、文章を考えたり文字を書く事は特に苦にならないのですが、記事の枠を作るのがどちらかと言えば得意ではありませんでした。なので、最近ではまずは大枠を作る事を意識して記事を書いています。

 テーマと見出しを考える

これは先程お話させて頂いた記事の大枠と骨組みの部分です。その記事で取り上げるテーマとどんな事をどんな順番で何を伝えるのか各見出しを考えます。すぐにテーマと見出しが思いつく時もあればなかなか出てこない時もあると思います。そんな時は私は頭の中でイメージしている事をまず書き出してみます。そうするとイメージしている事が整理出来て、記事が書きやすくなります。

私は記事が完成した時や書いている途中でも思っていたより書いていたなと思う事があるのですが、逆になかなか文字が書けない方は見出しを増やしてみてはどうでしょうか。見出しを10個作り、各見出しに対して100文字〜200文字ずつ本文を書いて行けばそれだけで1,000文字〜2,000文字のボリュームの記事が出来ますよ。

 ブログ本文を書く(肉付け)

書きたいテーマと見出しを考えて、記事の大枠と骨組みが出来たらあとは本文を書く(肉付け)だけです。ブログを書く方からすると見出しあると本文を書くのが本当に楽です。各見出しについて思っている事、伝えたい事を書いて行けば最終的にしっかりとした記事になっています。また、逆にブログを読んでくれている方も見出しがあるとその記事がぐっと読みやすくなりますよね。

スポンサーリンク

思いついた事はとにかくメモる

ブログで書きたいと思うテーマやネタって何気ない瞬間に思いつく事が多いです。電車の移動中や食事中、あと仕事で事務作業をしている時なんかに思いついたりもします。そして、書きたい事を思いついた時にすぐ記事が書ける状況がなかなかありません。なので私は思いついた事はとにかくメモをする様にしています。ブログで書きたいテーマやネタ、その時思いつくのであれば見出しなんかもメモしておきます。そうする事でいいなと思った事を忘れずに後からゆっくり記事を書く事が出来ます。

 メモアプリを使う

私はメモはだいたいスマホのメモアプリにしています。標準のメモアプリも使っていますが、付箋型のメモアプリがお気に入りです。(仕事効率化アプリは結構好きな人です。笑)

アナログなメモもする事もあるのですが、情報は一つにまとめたいのと、スマホの方がすっと取り出してすぐにメモをする事が出来るので私はアプリを使っています。

 Twitterでつぶやく

メモというと少し違うかもしれませんが、メモ変わりにTwitterも使っています。Twitterもとても便利ですよね。さっと使えてツイート出来る文字数も140文字までなので、ちょっとした事を発信や記録するのにちょうどいいと思っています。

>>【初心者ブロガー】記事を書く事に慣れるならTwitterがオススメ!誰でもブログが書ける様になるツイッター活用術

「記事を書く事に慣れるならTwitterがオススメ!誰でもブログが書ける様になるツイッター活用術」でも書きましたが、少し時間やイメージが出来ているならTwitterでブログの骨組みを作る事もいい方法だと思います。自分のイメージの整理や備忘録、そして気付いたらブログの骨組みが出来ていたりするのでオススメです。

よーいどん!ではなかなか記事は書けない

これは私が一番記事が書けないパターンです。記事を書かなければと思い、何もイメージが出来ていなかったり、ぼんやりしたイメージのままでパソコンの前に座って記事を書こうとしている時です。上級者になるとよーいどん!で記事が書けるかもしれませんが、私には残念ながら出来ません…。

そもそもブログは楽しんでやるモノ、書きたい時に書けばいいと思える様になってきたので、記事のイメージが出来ていない時やしんどい時、眠たい時や気分が乗らない時は別に無理して記事を書かなくてもいいと思います。

そんな時は思い切ってブログから離れて気分転換してみるのもいいと思いますよ。

>>【初心者ブロガー】気分転換も大事!記事が書けないなら思い切ってブログを忘れる事も大事!?

スキマ時間を有効活用して記事を書く

私の様にサラリーマンをしている兼業ブロガーの方も多くいらっしゃると思います。ブログに使える時間は夜中や休みの日など、どうしても時間が限られてしまいますよね。その限られた時間の中で全てをやろうと思うのは大変です。そんな時に大事にしたいのがスキマ時間の活用です。移動や休憩、待ち時間など一つ一つはそんなに長い時間では無いですが、合計ではかなりの時間になるスキマ時間。このスキマ時間をブログに使う事で効率良く記事を書く事が出来ます。

私はスキマ時間を使って先程お話させて頂いたブログの大枠や骨組みを作ったり、情報収集などを行っています。このスキマ時間で記事を書き上げるのは難しいかもしれませんが、こういう作業を行っていると、まとまったブログに使える時間は記事を書く事だけに集中する事が出来ます。私にとってはこれは本当にブログを続ける中で効率が良くいい方法じゃないかと思っています。

スキマ時間で記事の骨組みが2,3個出来ていたらあとは本文を書くだけなので、ブログに使える時間が限られていてもあっと言う間に数記事完成します。

まとめ

冒頭でお話させて頂いた様に私自身これまで何度かブログを始めては辞めてを繰り返してきました。続かなかった、記事が書けなかった理由はその時その時で違うと思いますが、自分に合った方法が見つかればブログが楽しくなり、長く続けられるんじゃないかと思います。

もちろん記事の書き方やスタイルはそれぞれ違うと思いますが、今回お話させて頂いた方法も一つの例として参考にして頂ければと思います。ブログに慣れていない、書き方が分からない方、あとブログに使える時間が限られている方にはオススメの方法です。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。

スポンサーリンク

コメントを残す