新米パパが『子育て』で意識すべき3つの事

スポンサーリンク
  • 子供が産まれてから嫁とのケンカが増えた
  • パパって子育てにどう協力したらいいんだろう?
  • 世の中のパパはどんな事をしてるんだろう?

初めての子育てでこんな事を思った事はありませんか?

 

こんにちは!初めての子育てに奮闘中のユウキ(@nyuki_1106)です!

私もパパ歴1年の新米パパで、まだまだ嫁と初めての子育てに奮闘中です。

ウチの子供は先日1歳になり、だいぶ「子育て」や「生活」のリズムやペースがつかめてきました。

しかし、初めての子育ては分からない事だらけだし戸惑いも多いですよね。

 

この記事では私も初めての子育てを経験している中で、「新米パパが意識すべき大事な事」についてお話させて頂きたいと思います。

少しの意識と行動で出来る事なので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

新米パパが『子育て』で意識すべき3つの事

私も初めての子育てをしている中で、新米パパが『子育て』で意識すべきだと思う大事な事は3つです。

新米パパが『子育て』で意識すべき事

  1. 「疲れているから…」を言わない
  2. 家事・育児は積極的に行う
  3. 嫁への「感謝」を忘れない
ユウキ
この3つは本当に大事です!

 

どれも当たり前と言えば当たり前の事なのですが、はじめのうちは『意識』しないとなかなか出来ません。

とは言え、どれもちょっと意識するだけですぐに「当たり前の事」になります。

「疲れているから…」を言わない

はじめに言いますがこれが一番大事です!

奥さんに対して「疲れているから…」は一番言ってはいけない言葉です。

毎日「大切な家族のため」に一生懸命働いてクタクタになる気持ちは分かります。

しかし、家に帰って「仕事で疲れているから…」なんて口が裂けても言えません。

ユウキ
嫁の逆鱗にふれてしまいます。

 

私もサラリーマンをしていて、繁忙期やトラブル対応などどれだけ仕事をしても片付かず、心も身体もクタクタになる事があります。

そんな時は家に帰ってからや休みの日ぐらいはゆっくり休みたいと思います。

だって「ゆっくり落ち着ける場所」だから。

しかし、そんな時に限って嫁にあれこれ頼まれ事をされませんか?

ユウキ
私も「休ませてくれよ…」って思うことはあります。

 

ただ、嫁のことを考えるとどうでしょうか?

疲れているのは私たちパパだけではなく、ママも毎日家事や子育てを必死にやってくれています。

そんな嫁の姿を見ていると「疲れているから…」なんて言えませんよね。

 

「疲れている」のはママも一緒

仕事には休みがありますが子育てに休みはありません。

疲れているのはママも一緒です。

むしろママの方が「疲れ」や「ストレス」が多くあると思います。

 

ウチでは嫁にゆっくりしてもらおうと、たまに嫁が一人で出かけたりしてもらう時間を作っています。

そんな時は私と子供と一緒に留守番をしているのですが、子供をみながら家事をするのは本当に大変です。

ご飯・お昼寝・おむつを変える事にしても急にぐずり出したり、家中動き回ったりして思うように事が進みません。

自分の事をするのは子供が寝ている間が唯一のチャンスで、30分〜1時間ぐらいの間に出来る限りの事を済まします。

ユウキ
「思い通り進まない」って結構しんどいですよね…。

 

これを毎日しているママの事を考えると本当に「ありがたいな」「凄いな」と思い、自分だけが疲れているなんて言えないと思いました。

まぁ本当に疲れきっている時はうちの奥さんも察して休ませてくれる時はありますが、疲れているのはお互い様で、「疲れているから…」と言わない事が大事です。

家事・育児を積極的に行う

これも当たり前の事ですがパパも家事・育児を積極的に行う事が大事です。

ウチの嫁は専業主婦なので基本的に家の事はしてくれていますが、だからと言って家にいる時に何もしなくて良いという事ではありません。

私の例ですが…

平日帰宅後の私のミッションは

  • 夕食の片付け
  • お風呂掃除
  • 洗濯
  • 嫁のマッサージ

です。笑

休みの日はこれに掃除や買い物が加わります。

ユウキ
最近は私が子供と遊んでいる間に家事をこなしてくれるパターンが多くなりましたが。

 

慣れない事や苦手な事をするのは大変です。

でもママも最初から家事や子育てが得意だった訳ではなく、やっている間に慣れていきます。

家のことや子供の事を全てママ任せにするのでは無く、パパも積極的に行う事が大事だと思います。

嫁への感謝を忘れない

どんな小さな事でも何に対しても「ありがとう」と言うのが私と嫁のあいだでいつも行っている事です。

これは嫁と約束した訳でも何かきっかけがあった訳でもないのですが、子供が産まれてから2人の間で自然と言い合う様になりました。

嫁に対してだからでは無く、誰に対しても「感謝の気持ち」を忘れない事って大事ですよね。

 

何かしてくれた事には素直に「ありがとう」と言葉にして伝える。

相手も分かってくれていると思っていても言葉にしないとちゃんと伝わらない事は多いです。

良い事も悪い事も。

 

私自身そんなに口数が多い方でもなく、何を考えているか分からないと言われていた時もある人です。

今でもその事で嫁に怒られる事も多々あるのですが、感謝の言葉や気持ちはしっかり伝える様にしています。

相手のそういう気持ちが伝わると嬉しいですよね。

逆に嫁から「ありがとう」と言われるとこっちも嬉しくなりますよね。

こういう当たり前の事を当たり前の様に、嫁への「感謝の気持ち」を忘れない事も大事だと思います。

スポンサーリンク

パパとしての自覚を持つ事が大事

新米パパが『子育て』で意識すべき事として

  1. 「疲れているから…」を言わない
  2. 家事・育児は積極的に行う
  3. 嫁への「感謝」を忘れない

この3つが大事だとお話させて頂きました。

これが何を意味しているかというと『パパとしての自覚を持つ』という事です。

 

子供が産まれるまではある程度自由に過ごすことが出来ますが、子供が産まれてからは「全てが子供中心」になります。

生活のリズム、スタイル、時間の使い方など全てを子供に合わせる事になります。

 

パパってけっこう難しい事も多いんですよね。

 

ママは妊娠中からどんどんママとしての自覚も出来てきて、子供と一緒にいる時間も多いのでパパよりも早くから子供が一番の考え方が出来ます。

ただ、パパの場合は子供が産まれて

「パパだよ」

と、言われて嬉しい気持ちは十分あるのですが、自分自身は今までと変わらないのでパパとしての自覚と言われてもいまいちピンと来なかったりします。

ユウキ
正直な話、子供が産まれてから1年経った今でも「自覚」と言われると私もよく分かりません。

 

ただ、嫁や子供を「大事に思う気持ち」と「子育てで大事な3つの事」を意識していれば、自然と『パパとしての自覚』は出来てくると思います。

スポンサーリンク

パパにもツラい事はいっぱいある…

今回こんな風にお話させて頂いていますが、私も完璧に出来ているとも思っていません。

もちろんツラい事もいっぱいあるし、むしろ多いかもしれません。

色々と嫁や子供のためにとしているつもりですが、

  • 使えない
  • 何やってるの
  • 役立たず

などの言葉をあびて舌打ちをされる事もあります。

ユウキ
これは本当にツラい…。

 

私も仕事で疲れてしんどい時はあるし、何もせずにずっと寝ていたい時や好きに遊びたい時もあります。

一人暮らしをしていた時は本当に自由に生活をしていたのでその反動はすごいです。

 

人はすぐには変われません。

 

徐々に変わって行けばいいと私は思っています。

少しずつでもいいので変わる努力をする事が大事だと思います。

苦しい事やツラい事はいっぱいありますが、それでも「大切な家族の事」を考えるととてもかけがえの無い存在なので乗り越えれると思っています。

まとめ

この記事では「新米パパが子育てで意識すべき3つの大事な事」についてお話させて頂きました。

すぐに変わるのは難しいかもしれませんが、どれも少しの意識と行動で変える事が出来ると思います。

初めはもちろん大変な事も多いと思います。

ユウキ
私も心の中では「くそーっ!」と、たくさん思ってます。笑

 

これは「大切な家族のため」これから先、家族みんな笑って過ごしていく為に私は何が出来るのかと考えたらという結果です。

私もまだまだ未熟な新米パパですが、あなたも少しの意識から変えてみませんか?

ユウキ
これからの長い人生一緒に頑張っていきましょう!

 

応援・フォロー頂けると励みになります!

 

気軽にフォローお願いします!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。

スポンサーリンク

コメントを残す