【子育て】大切な家族の為に!パパが積極的に育児に参加する5つのメリット

スポンサーリンク

こんにちは!ユウキです!

私は現在1歳になった子を持つパパです。子供の成長を感じながら、全ての事が初めての経験なので、喜びと戸惑いを日々感じています。私の奥さんは出産を機に勤めていた会社を退職して専業主婦をしていますが、最近では共働き夫婦も多くなり、また、「イクメン」という言葉も一般的に使われる様になり、積極的に育児参加する男性も多くなってきているのではないでしょうか?

とは言え毎日大切な家族の為に必死で働き、家にいる時間はゆっくりしたいと思うのが普通だと思います。

※完全に男目線の考えです。気分を害したらすみません…。

逆にママからしたら朝から晩まで、休みも無く子供中心の生活を送り、時間を作って家事をこなしてくれています。(ママも仕事をしていたら尚更大変…!)

ママだって休みたいと思うのが普通ですよね。

今回はそんな子育てについて、私自身が感じている事、普段行っている事をふまえてパパ目線ではありますが、パパが積極的に育児参加するメリットをお話したいと思います。

スポンサーリンク

ママの負担が和らぐ

私自身、感じている事は当たり前なんですけど、育児って本当に大変です。

ご飯を準備して食べさせたり、おむつ交換やお風呂、寝かしつけなど、機嫌が悪かったり、ご飯を食べたい気分じゃなかったら食べてくれないし、ごろごろ転がっておむつ交換や着替えに手間取り、眠そうにしていたのにいきなり覚醒してしばらく寝なかったり…。子供の気分次第なところも多く、自分達が思っている通りにはなかなか行きません。

出産して初めての子育てで怒濤の毎日を送っているママは体力的にも精神的にも不安定になっていきます。

本来子育ては2人で行うもの。

家をあけている事が多いパパも家にいる時間は積極的にママの希望を聞いて負担を軽くする事に励みましょう。何でもいいと思います。慣れないと難しく感じる事もありますが、ご飯を食べさせてあげたり、お風呂に一緒に入ったりを普段ママがしているなら代わってあげたり、子供と遊ぶでもいいと思います。とにかくママにゆっくりしてもらう時間を作って負担を減らしてあげて下さい。ママの負担が減ると気持ちに余裕が生まれ穏やかな家庭になると思いますよ。

スポンサーリンク

パパとしての自覚が持てる

ママは妊娠中から心と身体が徐々に変化していき、気持ち的にもママになる準備が出来ていますが、パパは生まれてからじゃないと実感がなかなか湧きません。

私もそうでした。

生まれた我が子と接するうちに徐々に実感が湧いてきました。

育児だけでなく何をするにもそうだと思うのですが、実感や自覚が無いと中々自分事として捉えられず楽しさも感じにくくなり積極的に物事を行えませんよね。

子供と過ごす時間がママと比べて少ないパパこそ積極的に育児を行う事でパパとしての自覚が早く持てて大変な中にも楽しさや嬉しさを感じられると思いますよ。

スポンサーリンク

お互い感謝、尊敬出来る

我が家の場合、特に2人で決め事としている訳では無いのですが、毎日お互いが「ありがとう」と言う事が自然になっています。それは育児に関してだけではなく、どんな些細な事に対してもです。

「昨日はゆっくり寝かせてくれてありがとう」

「帰りに○○買ってきてくれてありがとう」

とか、何に対してもです。

私の奥さんは今は専業主婦なので、基本的には私は外で働き、奥さんは家にいて家事・育児をしているのですが、2人でしっかり育児をしていく事によってお互いの良さ、大変さや苦労がわかるものです。私が休みの日にたまに奥さんが出かける事があり、そんな日は私が子供と2人留守番をして、家事をしているのですが、子供を見ながら家事をするのってほんとに大変です。何事も子供が中心になるのでぐずってしまうと家事が進まないし、気分でご飯を食べてくれなかったり、お昼寝をしてくれなかったり、何も出来ないまま時間が過ぎて行く事が当たり前です。少しの時間ですら身体も気持ちもクタクタになってしまう事も多々あります。

そんな相手の気持ちが少しでもわかればお互い気遣いも出来ますし、自然と感謝の気持ちや尊敬も出来ますよね。

何事もですが自分で体験しないとわからないので、特に大変な事ほどお互い気持ちを共有出来ると優しい気持ちになれると思います。

家庭円満

これは感謝・尊敬出来るとかぶる部分もあるのですが、いい事も大変な事も(特に大変な事)はパパが積極的に育児に参加する事でお互いの気持ちが理解出来て夫婦の良好な関係が築けると思います。

夫婦喧嘩ってだいたいパパがママの気持ちを理解出来ずに地雷を踏んで怒らせるパターンが多いのではないかと思います。(うちはこのパターンが多いです…。笑)そんな事もパパがママの気持ちを理解してあげられたら回避出来る場合が多いと思います。

子供とのコミュニケーション

メリットと言うと少し違うのかもしれませんが、これもとても大事な事だと思います。

子供にとって家にいない時間が多いパパとのコミュニケーションってどうしても少なくなりがちですよね。中にはパパに対して人見知りをしてしまう子もいる様で、パパだとだっこをしたらぐずったり、眠りにつかなかったり…。

パパにとっても我が子は大切で可愛く思うもの。

自分になついてくれないと悲しくなったり、育児にも消極的になってしまう時もあると思います。普段からコミュニケーションを取っていれば子供も満面の笑みで癒してくれると思いますよ。

あえてのデメリット

パパが積極的に育児参加する事については多くのメリットがあると思い、逆にあまりデメリットは無いのかなと思うのですが、あえてデメリットとするなら、「価値観や普段の育児や家事のやり方が違い、ママの思っている通りにならずケンカになる事」でしょうか。

お互い考えがあって、仕方がない事だとは思うのですが、パパも良かれと思ってしている事。でもこれは別に悪い事だとは思っていなくて、家事に育児に積極的なパパだとお互い思っている事をちゃんと話し合って改善していける事だと思うので、その時その時でちゃんと気持ちをぶつけていけばいいのではないかと思っています。

まとめ

パパが積極的に育児に参加する5つのメリット

  1. ママの負担が和らぐ
  2. パパの自覚が生まれる
  3. お互い感謝、尊敬できる
  4. 家庭円満
  5. 子供とのコミュニケーション

デメリット

  • 考え方の違いによるケンカ

私自身、まだまだ新米パパですがママと一緒に子育てに奮闘しております。

正直な話し、私はそこまで子供が好きな方では無く、子供が産まれるまでどちらかと言えば子供が苦手な人でした。ただ、産まれてきた我が子は本当に可愛く少しでも一緒にいれる時間を作りたいと思っています。夫婦生活も子育てもどちらかと言えば大変な事の方が多いと思います。そして、その中にたくさんの喜びや幸せを感じる瞬間があります。

私も子供の事で奥さんとケンカをする事も多々ありますが、それでもやっぱり大切な家族の為、パパも積極的に育児に参加してみて下さい。奥さんとの関係も子供との関係も良くなり暖かい家庭が作れると思いますよ。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。

スポンサーリンク

コメントを残す